FC2ブログ

60 Seconds! レビュー 【PC、アプリ】

PCゲーム
10 /20 2018


作品名:60 Seconds!
機種: PC / アプリ(Android、iOS)

ジャンル:アドベンチャー







あらすじ



20180525122407_1.jpg 

 原爆投下まで残り60秒!!原爆投下までに愛妻と愛する子供たちと共に核シェルターに逃げ込もう。


 シェルターで快適に過ごせるように食料や生活物資もお忘れなく。軍が助けに来てくれるまで何としてでも生き残らなければ。






ゲームの種類


20180525121936_1.jpg 20180525121943_1.jpg
 

 ゲームには「クラシック」と「チャレンジ」の2つがあります。


 クラシックは60秒間でアイテムを集めてシェルターで生き残る「世紀末」と、ランダムで選ばれたアイテムを用いて生き残る「サバイバル」があります。難易度は初級、中級、上級の3つ。とても難しいのでまずは初級で遊ぶのがおすすめです。


 アップデートで、操作できるキャラクターを選べるようになりました!これまでは父親であるテッドでのみ操作可能でしたが、ドローレスも使用可能に。テッドがいない状態でゲームが始めることも出来るようになりました。


20181020190429_1.jpg 20181020190431_1.jpg20181020190516_1.jpg 20181020190623_1.jpg






 チャレンジは要求されたアイテムを60秒間で集めてシェルターに逃げ込むゲームです。


20180705224707_1.jpg 20180705221922_1.jpg


 メインプレイヤーであるテッドが持てるのは重さ4つ分まで。アイテムはそれぞれに重さの設定があるのでアイテムごとの重さを考えていかに無駄なく行動するかが重要です。

 例えば奥さんのドローレスと息子のティミーは重さ2、娘のメリージェーンは重さ3です。…娘は育ちざかりなんだよ、きっと。


 チャレンジはそれぞれ必要なアイテムが異なり、配置は完全にランダムなため運と根気も必要です。







シェルターでの生き残り方



20180525122625_1.jpg 

 シェルターに逃げ込んだ後は、毎日キャラクターの体調を確認して食料を分配することになります。画像右下の黄色いノートをクリックすると、体調の確認やアイテムの分配が出来ます。


 水や食料はキャラクターごとに分配可能なので、キャラクターの体調を見てご飯をあげたりあげなかったりという調節が大事です。キャラクターの顔アイコンの下の水と食料缶のところをクリックすれば、食べ物をあげるかどうか選択できます。

 ちなみに食料の缶をクリックすれば食料だけを全員に配ることが可能(水も同様)。特定のキャラに食料と水の両方をあげるときは、そのキャラクターのアイコンをクリックすればあげることができます。


20180525122608_1.jpg 



 外へアイテムを拾いに行くこともできます。ただし疲労がたまっていたり病気の人は出かけることはできません。

 また外を悪党がうろついていることがあり、武器がなかったり体力が低いキャラクターだと連れ去られて戻ってこない場合もあります。ゲーム後半になるほど出現率が高くなるので後々出かけられなくなることを見越して序盤にアイテムを集めておくのがクリアのコツになります。


20180525124417_1.jpg 


 たまにイベントが起こるので、×と✓(いいえ、はい)でどうするのか選びます。アイテムが得られる良いイベントもありますし、病気にかかる悪いイベントもあります。誰かに協力することが脱出に繋がることもあるので、アイテムの残り数や友好的な相手かどうかで協力を考える必要があります。


20180525122805_1.jpg 


 イベントを進めることでシェルターにパンケーキという名前の犬と、シャリコフという名前の猫がやってくることがあります。これがまぁ…可愛くないのに癒されるという不思議な魅力を持ってます(笑)
 特にパンケーキが凄く優秀!パンケーキを仲間にするまでにアイテムが必要だったりしますが、それを上回る働きをしてくれます。

20180706131222_1.jpg 





良い所、悪い所


 このゲームの良い所、一番大きいのは開始60秒間でアイテムを集めるという斬新さだと思います。60秒間で集めたアイテムでその後の生存率がほぼ決定される、始まった時がほぼ最高潮という不思議なゲームですね。自分が持ち込んだ物次第で生存率が大きく変わるので、サバイバルをしている感覚を強く味わえました。

 またこの60秒というのが絶妙で、アイテムを集めることは可能だけど全部を満足には用意できない、というギリギリのラインで設定していると感じました。60秒という短さなので、失敗しても何度も挑戦したい!と思えるのも良かったです。


 次に、大体のことが「はい」「いいえ」で選択できる手軽さでしょうか。サバイバルゲームは自分で操作してクラフトして…ということが多いのですが、このゲームは持ち込んだアイテムと途中で拾ったアイテムを使って生き抜くゲームなので自分で操作をする必要はありません。サバイバルは好きだけど難しいのは苦手、という人に向いていると思います。

 また1日がサクサクと終わるため周回しやすいのもポイント。気軽に遊べるのでアプリ向きと言えると思います。



 一方で悪いところもあります。

 まず、運要素が強すぎる点。スタート時のアイテム配置、イベントの有無、イベント内容、全てがランダムです。ランダムの影響が強すぎて一向に良いイベントが起きずただ滅亡するのみということもあります。ゲームを自力で良い方向に持っていくことはほぼ出来ないので、何回繰り返してもクリアに繋がらないときはやる気が減りがちです。

 良い点であげたところの逆になってしまいますが、クリックだけで進むため作業感がとても強いです。やりやすいと感じるか、単調と感じるかはその人次第ではありますが。
 エンディングは複数ありますがハッピーエンド(生存エンド)の数はかなり少なくバッドエンドが多いので、クリアする喜びが少ないのも単調さに拍車をかける要因の一つかもしれません。

 あと日本語対応をしていますが、和訳がおかしいところが多々あります。また完全に和訳されているわけではなく英文のままで表示されるイベントもあるので、内容が把握し辛いときがあります。(PC版です)
 把握せずとも「はい」「いいえ」でゲームが進むので選ぶのはどっちでもいいといえばいいのですが…ゲームの没入感は減ってしまいますね。





総評


 このゲームはクリックのみで進むため、サバイバルゲームというよりはノベルゲームに近いと感じました。

 アイテムの配分など自分でキャラクターの生き死にを左右するポイントはあるもののそういった点はほぼないのでサバイバル感は少ないですね。


 マイナスイベント(ほぼ強制イベント)が起きるかどうか、起きてしまった時に何を選び何を捨てるか、このゲームは結局これに尽きるんですよね。最善手を覚えて極力それに合わせて行動するのみなので行動がパターン化されてしまいます。


 私のプレイ時間は26時間で、実績は56個中39個解放しています。好き勝手遊んでいたときもあるのでそれを踏まえての時間とすると、結構短めかなという印象です。短いというか飽きやすいというか…。実績を全部取るためにやりこんだとしても100時間かかるかどうか…。


 ゲームの作り自体は良いと思いました。チュートリアルもあるし、無限に遊べるサバイバルモードと特定のアイテムを集めるチャレンジモードがあって、ユーザーが求めている物をよく理解してくれている運営だと思います。

 2015年に発売し既に3年以上経っているのに、未だにアップデートが行われているというのもこのゲームにかける運営の姿勢がよく表れておりとても良いと思います。


 自分が主体となってゲームを進める感じではないので、ゲーム性は薄いかなと思います。かなり単調かつ運に左右されるので、このゲームをやりつくしたい!とはあまり思えませんでした。

 とはいえなんだかんだで26時間も遊んでいるので、1000円でここまで遊んだなら良い方…かな?内容を考えると安いとは思えないので、価格相応といった感覚です。


 アプリは480円で購入できるので手軽さも考慮するとアプリで遊ぶのをオススメしたいところではありますが、アプリは結構バグが多いようです。そう考えると…PCの方がいいのかなぁ…。


 ちなみにこの運営ですが2018年9月19日に「60 Parsecs!」というゲームを発売しています。このゲームも60秒間でアイテムを集めて宇宙空間でサバイバルゲームをするという、本作とほぼ一緒の内容になっています。まだ日本語に対応されていませんが、もし対応された場合は60Seconds!よりそっちの方がいいかもしれませんね。内容ほぼ一緒で新しいならそっちの方が今後力も入れてくれるでしょう。たぶん。


総合結果 
★ 2.7 / 5.0
世界観★★★★
シナリオ★★★
システム★★★
音楽・映像★★
イラスト★★
キャラクター評価しない
ボリューム★★
オススメ度★★★

スクウェア・エニックス
Amazon 売れ筋ランキング: 85位
発売日: 2018/12/6
任天堂
Amazon 売れ筋ランキング: 1位
発売日: 2018/12/7


コメント

非公開コメント