【PC】THE WILD EIGHT レビュー

PCゲーム
04 /20 2018

作品名:THE WILD EIGHT
機種:PC (Steam)
ジャンル:サバイバル
発売日:2017年2月9日





システム、操作感



 飛行機墜落から生き残った8人の生存者たち。極寒のアラスカで他の生存者を探し生き抜くというのがメインストーリーです。

 操作キャラクターは8人から選択可能でそれぞれに特徴があります。体力や攻撃力が高く狩りがしやすいキャラクターや、製作が得意で木や石の採取量が増えるキャラクターなど様々です。ウィリアムが初心者にオススメとのことだったので使ってみましたがバランスが良く操作しやすいキャラクターでした。




 ゲームが開始するとこんな感じ。左上にチュートリアルが表示されゲームの流れを教えてくれます。スキップすることも可能ですが序盤はチュートリアルに沿って進めた方が良いと思います。





 ゲームにはマップが存在し、マップ上では建物の種類や自分が作った焚火の位置が確認できます。





 ちなみにマップには自分の死亡地点がドクロマークで表示されます。死亡するとその場にアイテムをすべて落としてしまいます。リスポーン地点から再スタートなので、死んだあとはマップで死亡地点を確認してアイテムを回収しにいきます。
なお死んだ地点には「人肉」も落ちていて焼いて食べることができます。恐ろしい…。








 THE WILD EIGHTにはメインストーリーがあります。今はまだアーリーアクセス中であるためストーリーは1つまでしか開放されていませんが、続きが非常に気になる終わり方でした。
また通常のクエストも複数ありクエスト内容は左上に表示されます。クエストを進めるためにやることが書かれているので目的を見失い辛く助かりました。








良いところ、悪いところ



 まずは良かったところを。


・日本語対応済み
 翻訳されているため快適にプレイが出来ます。


・マップが広い
 建物内外への移動以外はロードを挟まないのでストレスフリーです。ロードがほぼないわりにマップが広いのも◎。


・クラフトアイテムが豊富
 薬や食事、装備や罠など色々と作ることができます。また作業台をレベルアップすることでより強いアイテムを作れるようになっていきます。クラフト好きな人にはオススメです。





・スキルアップが可能
 採取や狩猟を行うと経験値がたまり、たまりきるとスキルポイントが1入ります。スキルは採集量を増やしたり、アイテムの所持数を増やしたり、攻撃力や防御力を上げることができます。キャラクターが死んでもスキルは維持されるので安心です。




・マルチプレイが可能
 私はプレイしていませんが、部屋を作ってのマルチプレイが可能です。友人と協力しながら遊ぶと凄く楽しいと思います。





続いて悪かったところを。

・ボリュームが少ない
 アーリーアクセス中のため、チュートリアルとクエストを終わらせるとほぼやることがありません。図鑑などのコンプリート要素も今のところはありません。


・動けなくなるバグがある
 マップ端は吹雪いており、マップ中心から外側に向かって強風が吹いています。そのため一度マップの端の方に進み中心部へ戻ろうとすると、風が強すぎて身動きがとれなくなることが度々あります。


 またマップ端には前後左右どこにも動けなくなるポイントもあるため、そういった場所にハマってしまうと死を待つかロードをするしかなくなります。マップを埋めるという実績(いわゆるトロフィー)があるため修正を希望したいところです。



・立ち入れないマップがある
 主にマップの端(の少し手前)になりますが、見えない壁があって進めない場所があります。



・攻撃判定が甘い
 壁越しに殴っても敵に攻撃が届くことがありました。







感想



 兄者弟者おついちさん(2Bro.)が実況プレイしていて楽しそうだったので購入してみました。サバイバルゲームが好きで楽しくプレイしましたがアーリーアクセス版なこともありボリュームが少なかったです。


 私はシングルで遊んでいたため飽きやすく、最終的なプレイ時間は33時間でした。約2000円で33時間も遊んだなら十分どころか十二分だと思いますが、チュートリアルだけ進めるともっとサクサクと終わってしまうのでボリューム不足感は否めないと思います。


 他ゲームと比較するのはナンセンスですが、Steamのサバイバルゲーム「THE LONG DARK」を私は1163時間遊んでおり今でもプレイするほどやりこみ要素が豊富なので、サバイバルゲームとして比較してしまうと…と思ってしまいました。今後のアップデートを期待しています。

 内容自体はサバイバルゲームらしく、クラフト要素あり、狩猟や採集の要素あり、で楽しかったです。特に序盤はイノシシを狩るだけでも一苦労でしたがスキルを上げて装備を整えていくとサクサク狩れるようになって成長が見られて嬉しかったです。

 狩りの対象がウサギ、きつね、イノシシ、シカ、オオカミ、クマ、ミュータントしかいないのが残念でした。ウサギときつねとシカは足が速くすぐに逃げられるため、狩りの対象はイノシシとオオカミ中心です。折角広大なマップなのに勿体なく感じました。


 音楽は静かな曲調…というかほぼ無いような感じで、種類も特になかったような…?味気なく思いますが、サバイバルゲームかつ一面雪だらけなため仕方ないかな。操作は一般的なPCゲームと同様な感じで、直感的に操作できたため困ることはありませんでした。

 月2、3回ほどアップデートされているようです。これからどんどんとよくなっていくであろうことが考えられるので、メインシナリオが増えるまでもう少し待っても良いかなと思います。ときどきセールもされているのでそのタイミングでの購入がおススメです。

 結論としては、クラフト系のゲームやサバイバルゲームが好みであるなら購入しても後悔はしないと思います。何でもいいから暇つぶし程度にやってみようかな、という程度であればボリュームがないため他のゲームをオススメします。



総合結果
★3.0 (★5中)
世界観★★★★
シナリオ★★★
システム★★★★
音楽・映像★★
イラスト評価しない
キャラクター評価しない
ボリューム★★
オススメ度★★★





コメント

非公開コメント