FC2ブログ

【PS4】Until Dawn - 惨劇の山荘 - レビュー 【R-18】

PS4
12 /23 2017


Until Dawn™-惨劇の山荘-_20171212213437

作品名:Until Dawn (アンティル・ドーン) -惨劇の山荘-

機種:PS4
ジャンル:ホラー/アドベンチャー
発売日:2015年8月27日
CERO:Z(18才以上のみ対象)




あらすじ




休暇を楽しむために山荘に集まった10人の若者たち。

仲間から嫌がらせを受けショックで山荘を飛び出したハンナ。妹のベスが探しに向かうが猛吹雪のなか2人とも行方不明になってしまう。


1年後、ハンナとベスの兄であるジョッシュの呼びかけで若者達は再び山荘に集まった。

山荘に忍び寄る謎の影。不審な物音や怪奇現象が起き始め、ついには殺人事件まで起きてしまう。夜が明けるまで生き残る者はいるのだろうか。






システム、操作感




アナログスティックの左で移動、右で視点変更。

L1ボタンで早歩き。

R1ボタンでステータス画面、R2ボタンで銃を撃つアクション。

○×△□ボタンでジャンプや物を避ける。


基本的にボタンは要求された時に押すだけ。普段は歩くのみです。

道中に今回の事件の手がかりが配置されていて、集めていくことで犯人や事件の背景を知ることが出来ます。


操作で「動くな!」という表示があったときはコントローラーを動かしてはいけないのですが、これが非常に難しいです。少しの揺れでも失敗になってしまうので机の上などに静置することをオススメします。


また古代の人が作ったとされるトーテムと呼ばれるアイテムがあります。

トーテムには死、導き、悲劇、警告、幸運の5種類があり今の先の未来を見ることができます。しかしトーテムでみえた未来を迎えるかどうかはプレイヤーの選択次第なので、違う結末を辿ることもあります。


Until Dawn™-惨劇の山荘-_20171212214225




感想




全てを自分で操作するのではなく必要な時だけボタンを押すタイプなので、アクションが苦手な方でもプレイしやすいと思います。

ホラー要素はそこそこ、ドッキリや大きな音で驚かすという洋ゲーあるあるな驚かし方もありますし、R-18らしくグロテスクな描写もあります。
ただ日本版は規制が入っていて、首が飛んだりするシーンは真っ黒な画面に切り替わり何も見えなくなってしまっています。登場人物が「何をしているの!?」と叫ぶシーンがありますが、規制により真っ暗で何も見えず「本当に何があっているんだ…」と思ったりもしました。

選択肢によってキャラクターの好感度が上がったり分岐が変わったりというのがこのゲームの面白い所だと思います。好感度が高くないと出現しない選択肢があったり、逆に高すぎると良くない場合もあったりして奥が深いです。
「バタフライエフェクト」という言葉通り、小さな選択が大きな変化へ繋がりそれが生死にすら繋がるというのはこのゲームならではだなと思いました。

Until Dawn™-惨劇の山荘-_20171212214633


初めての人は最初から全員生存・全員死亡はなかなか難しいかなと思います。即死する選択肢もありますし、動くな!やアクションで失敗すると死ぬこともあります。
全体的にホラー演出が多めなので怖がりな人がプレイするととても楽しめるかなと思います。ホラーに超常現象的な物があるのは苦手という方は避けた方がいいかもしれません。

私は内容を知り尽くしてのプレイだったので周回プレイは少し面倒に感じました。大きなシーンの切り替わりごとにこれまでのあらすじムービーが挿入されるのですが、スキップが出来ないのでプレイに時間がかかる印象でした。

映像はとても綺麗でした。実際の人物の動きを取り入れて制作しているようで人物の表情もとてもリアルで迫力があります。撮影風景等もゲーム内に収録されているので、好きな人には嬉しい仕様だと思います。

規制が強すぎて暗い画面が多いので、何も知らずプレイするとがっかりしてしまうかなと思います。現在はかなり値下がりしていて投げ売りされていることもあるので、2,3千円で初見プレイであるならば楽しめる内容だと思います。
アンティル・ドーンは初見の1回目で楽しみつくす感じだと思うので、興味がある方は何も情報を入れずプレイされることをオススメします。


総合結果
★3.3 (★5中)
世界観★★★★
シナリオ★★★
システム★★★
音楽・映像★★★★
イラスト評価しない
キャラクター★★★★
ボリューム★★
オススメ度★★★


Until Dawn -惨劇の山荘- 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
PlayStation 4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ライフ イズ ストレンジ - PS4
PlayStation 4
スクウェア・エニックス







ネタバレ感想


ここからの感想にはネタバレが含まれます。





PSストアで100円(だったかな?)で売ってる時に買ったアンティルドーンをようやくプレイしました。PS4を持ってなかったので出来なかったのですが、最近ようやく買いまして。
最初にどれをプレイしようかなーと思ったのですが気分的にホラーゲームがやりたくてこれを選びました。

結果として…どうなんでしょうね、この作品は。ホラーゲームなのかな?w
ビックリ要素はあるし焦る展開もあるのですがウェンディゴというゾンビ的存在を公式サイトで一切出していなかったがために、ホラーゲームともゾンビゲームともいえないなんともいえない展開になってしまったと思います。

「誰が犯人か?」という考えで解き明かしていこうとするにしてはウェンディゴの存在が邪魔だし、ゾンビゲームとして受け入れるにしては人的要素が邪魔すぎるような。どっちつかずな感じですね。

さてこのゲームにおいて一番嫌われているであろうエミリーですが、やっぱり私も嫌いでしたw
アシュリーもアシュリーで性格悪いなって感じありますが、自分さえ良ければいい、自分だけが正しいっていうのはエミリーですよね。正直嫌な女だな~という印象です。
エンディングで、彼氏であるマットの言われ様が酷すぎて笑いました。エミリーとの好感度が半分くらいしかなかったためこんな言われ方だったんでしょうけど、それにしたってさぁ…。才女なんでしょ、小学生の悪口みたいなこと言わないでよとw

Until Dawn™-惨劇の山荘-_20171213115812

その一方で、大正義のサムさんですよ!かっこよくて可愛くて強い…性格も良いし美人だしスタイルも良いし、こんな女性になりたかった!w
そんなサムさんですがドン引きしたのが一点だけ。ドクター・ヒルとのやりとりでこの写真(畑にあるかかしと、寂れた一軒家の写真)についてどう感じたか?というのがありましたよね。
あの写真ですがハンナ(だったはず)の部屋にポストカードがあったんですよね。送り主はサム。
内容がなんと…パーティーの招待状!www
パーティーの招待状にかかしのポストカード!?おしゃれ必須なのにおしゃれじゃないポストカード!?
サムさんそのセンスはいかがなものなんでしょうか(笑)

Until Dawn™-惨劇の山荘-_20171212225830

操作に関していえば、早歩きのくせに遅くて時間がかかるなーと思いました。早歩きなのに早くない…。ゆっくり歩かせることでドキドキさせたかったんですかね?

最終的に凡ゲーな印象でした。操作感は悪くないし、バグもないしゲームとしては普通に遊べる。
でもシナリオがなぁ…忍び寄る悪夢、疑心暗鬼になる若者達、みたいなものを想像してたら突然のウェンディゴでなんというか…。楽しくないことはないけど、楽しいとも言い難い感じでした。

個人的に一番好きなのはドクター・ヒルですね。あの性格もそうだし表情がとても好きでした(笑)

Until Dawn™-惨劇の山荘-_20171212213039


あ、あと狼がとても可愛かったです!!!犬派な私はもう大歓喜ですよ。
DEMENTOのように「グッボーイ」を繰り返しておりました。とても癒されました。

Until Dawn™-惨劇の山荘-_20171213103953

コメント

非公開コメント