FC2ブログ

【PS4 / Vita】フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ レビュー

PS Vita / PSP
04 /24 2017


ハード :PS4 / PSVita / PC
発売日 : 2016年11月2日
定価:PS4 6,800円 / Vita、PC 5,800円

世界観


岩で囲まれ空も見えない「鉱石の街」と呼ばれる場所に住むフィリス。一度も外の世界を見たことがないフィリスは、外へ出る唯一の扉を眺めるのが日課となっていた。

いつものように扉を眺めていると扉を爆破し女性がやってきた。フィリスの目の前であっという間に扉を直した彼女は錬金術師だと名乗った。
錬金術に魅了されたフィリスは親を説得し、錬金術師となる試験を受けに外の世界へ踏み出した。








ここがオススメ!


調合システムは大体「ソフィーのアトリエ」のような感じ。上手に配置をするとゲージが上昇し、一定のポイントまでいくと高い効果がつきます。ソフィーとは異なり時間制限がないためゆっくりと調合が出来て良かったです。



ソフィーのアトリエのレビューも書いてますのでよかったらご覧ください。
ソフィーのアトリエ~不思議な本の錬金術士~ レビュー




また新作ということで、アトリエシリーズ未経験でもわかりやすくとっつきやすい内容になっていた点も良かったです。歴代キャラクターが多数出てくるので今までプレイした方はニヤリとできますし、初めてプレイする方でもついていけるような仕様になっていました。







気になった点


真っ先に挙げたいのは処理落ち、エラー落ちについて。私がプレイしたのはVita版なのですが本作はVitaの性能を越えており街を歩くたびにガクガク、敵が増えるとモッサリ、事あるごとに挟まるローディング、と処理落ちが頻発してかなり重く感じました。

これに加えてエラー落ちが頻発し、プレイ時間にして1~2時間ごとにエラー落ちします。重たいし小話が多いので進行度は遅く、そこまで進んでないからとセーブをしてなかったら処理落ち……このコンボ、凶悪すぎます。


恐ろしいことに、この処理落ちやエラー落ちは最新パッチまで当ててこの結果。(パッチVer1.07 合計1886MB)
発売当時にプレイされた方はどれほどの苦行だったことでしょうか…尊敬の念を禁じえません。





続いてマップについて。本作はオープンワールド型のマップで、目的地まで走って行くことになります。草原や雪原や砂漠、あるいは沼地など様々な場所に行けるので旅をしているようで面白かったです。

しかしながらマップ間の移動は行えず、マップ間でもショートカットを行える場所が限られており移動が大変不便でした。その上、世界マップの端から端までを徒歩移動させるようなクエストが数回発生するので非常に面倒でした。
マップ移動可能なアイテムはありますが作れるのは錬金試験を合格した後。しかもサブクエストを進めないとレシピを思いつかないため非常に面倒に思いました。





さらに調合について。調合自体は効果が分かりやすく操作しやすくなりました。一方で「経験値システム」が導入されたため試作回数が少ないうちの作品は使い物にならず、経験値をためるまで大量に作るはめになりました。アイテムごとに経験値が別になっているため、欲しいアイテムだけでも作業感が強かったです。
レシピの発想もしにくく、通常ではまず行わないような行動を求められることもしばしば。よく使う布類、金属類、装備品などは錬金レベルが上がれば自然と覚えて欲しかったです。

あと「超弩級調合」というものがありますが、素材も時間も大量に必要でただひたすら面倒臭い。ネーミングセンスもちょっとなぁ…ソシャゲじゃあるまいし。超弩級という言葉は昔からありますけど急にあちこちで使われ始めてなんなんだろうという気分です…。





個人的に気に入らなかったのが本作の主人公フィリス。フィリスを取り巻く環境や設定がちぐはぐのように感じました。突拍子もない発言があったり、そうかと思えば誰でも考えつくような内容を「あなたって本当に凄いわね」と褒めちぎられたり、制作陣が意図的に作ってる感じが透けて見えるようであまり好ましくありませんでした。

またキャラクター達もみんなフィリスの事が大好きでなんだか不気味。大したことをしていないうちから凄いだの可愛いだの持て囃されなんだかなぁ。言動も15歳にしては幼く、道端で「ダメだよ私…お腹がすいても食べちゃダメ!!」と独り言を言う始末。不気味というかうるさいです。
フィリスの親はフィリスが旅に出ることを大反対してくるのですが、フィリスの姉は仕事で度々外に出てるんですよね。でもフィリスだけはダメだと言われる。そこまで頑なに反対する理由は一体何なのか、フィリスにとってつらい出来事が待ち受けているのかと不安と期待が入り混じるのですが、結論として単純に心配だったというだけ。いくら親心といっても理解が出来ませんでした。姉は出ているのに。

フィリスを持ち上げたかったのか、結果的にソフィを下げられるような内容となっていたのも残念でした。
公認試験ではたった1年錬金術をかじったフィリスが師と仰ぐソフィーに打ち勝つ場合もあります。(私はソフィーに勝てませんでしたが初見で倒したという書き込みが散見されました)
数々の難関をのりこえ強敵も倒してきたソフィーなのに?そのあと長い期間旅もしてるのに?あんなに頑張ってきたソフィーが??……という気持ちでいっぱいでした。






ボリューム


アトリエ作品らしくなかなか多いと思います。公認試験すぎてサブクエストを進めているあたりで30時間は遊んでますので、トロコンまでとなると50時間はこえるんじゃないでしょうか。
定価は安くはありませんが値段以上のボリュームはあると思います。






総評


システムが不便で非常にやりにくかったです。一生懸命作ったゲームを見て欲しいがためにプレイヤーに負担を強いているように感じました。
アトリエで初めて?のオープンワールド型でしたが期間アリのアトリエでは微妙。期間が無くなっても移動が面倒で楽しむどころではない…。もっと移動を楽にしたり、行き来をしなくていいように作ってあればよかったと思います。



書きそびれていましたがキャラクターはみんな単体でみると良いキャラばかりでした。フィリスは素直な頑張り屋だし、姉のリアーネは妹思いで健気、親友のイルメリアはツンデレで可愛いし苦難を共に乗り越える最高のライバル、レヴィは面倒見がいい厨二病、カルドは歴史家で知性を備えた大人。みんな優しいし前を向いて努力する素敵なキャラクターばかりです。



これがフィリスと絡み始めるととたんにフィリス上げにはしり、フィリス可愛い~フィリス最高~な内容で終わるのがなんとも。絡み自体も少なくてほとんど妹と姉の二人旅状態なのが非常に勿体なかったです。





初心者にもとっつきやすい内容でやりやすいのですが、いかんせんシステムがダメ。アトリエではあるけどアトリエとして他人にオススメできない…。
おそらくVitaでやってたからこんな印象になるんでしょうね。処理落ちやエラー落ちによる精神的ダメージが大きく、シナリオも薄いので疲れてしまったのかなぁと。PS4だと快適だったことでしょう、それでも移動の辛さからは逃れられませんが。


もしプレイされるならPS4版を、可能ならばPC版をオススメします。PC版のレビューはなかなか高評価が多くグラフィックも美麗なようです。どうせ歩いて旅するなら綺麗なグラフィックに限りますね~。



最近プレイしてきたソフィー、シャリー、フィリスがあまり好みではなく、しかもフィリスが一番処理落ちやエラーが酷かったので次回作が出ても見送ろうと思います。購入したままで未プレイのアトリエ作品があるので、やりたくなったらそちらをやろうかな。
試験に合格して期間がなくなったのにシステムが面倒すぎてトロコンを諦めた本作でした。空飛ぶ船も作ったしあとはボス倒して2周目でソフィー先生を倒すだけだったんですけどね…ここまでやったならもういいかなって思ってしまいました(笑)






総合結果
★2.6 (★5中)
世界観★★
シナリオ★★
システム
音楽・映像★★★
イラスト★★★
キャラクター★★★★
ボリューム★★★★
オススメ度★★

フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ - PS4
PlayStation 4
コーエーテクモゲームス
売上げランキング: 661

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 - PS4
PlayStation 4
コーエーテクモゲームス
売上げランキング: 160

コメント

非公開コメント