FC2ブログ

【PSVita】鳥籠のマリアージュ ~初恋の翼~ レビュー

PS Vita / PSP
12 /27 2016

ハード :PSVita
メーカー:dramatic create / 原作・制作協力 Kalmia8
発売日:2016年11月24日
定価 : パッケージ版 6,900円(税抜) / DL版 5,900円(税抜)
シナリオライター:阿由葉みおり(原作) / 七海鳴 / 陣内
キャラクターデザイン:西緒十琉
プロデューサー:岸野 卓弥

攻略ページはこちら


私の攻略順は 翔太 → 悠人 → 惣一 → 協力ルート → 司 → 睦
最初は悠人と翔太しか攻略できません。この2人を攻略することで惣一と睦が攻略できるようになり、惣一攻略後に司が攻略できるようになります。




鳥籠のマリアージュ ~初恋の翼~


主人公



藤井 佳奈子 / cv.大倉結衣
※名前のみ変更可、デフォルトネーム呼びあり。名前変更時の呼ばれ方は「君、あなた、お前」等。顔グラとボイスあり(両方オフ可)。


高校2年生。会社社長の一人娘として何不自由なく暮らしてきたが、ある日父親が亡くなり路頭に迷うこととなる。会社の借金の肩代わりをしてくれた「真行寺 惣一」に後見人となってもらい真行寺家で暮らすことに。しかし招かれた家で惣一に「2人の息子のうちどちらかと結婚してほしい。そうでなければ会社の件は考えさせてもらう」と言われ、主人公は戸惑ってしまう。


口調は丁寧語。性格は大人しく、笑うのが苦手。甘い物が好きで、持ち物もピンクやクラシックなものが多く女の子らしいキャラクター。


良くも悪くもお嬢様。気品のある立ち居振る舞いですが、発言が若干鼻につきます。
貞操観念は下の下で、嫌がりながらも人前でキスをするしその上おねだりまでも。性欲に忠実なタイプで流されやすく、とても純潔とは思えないような感じです。元が18禁のゲームであるため、結構チョロイ女の子です。


名前変更が可能ですが、章タイトルに主人公の名前がついている章がいくつかあります。(例:翔太ルート「襲われる佳奈子」)この章タイトル自体は名前を変更しても変わらないため、デフォルトネームを一切見たくない人はご注意を。





キャラクター



メインキャラクター声優メインキャラクター声優
真行寺 悠人川田紳司三枝 翔太羽多野渉
葉山 司川原慶久真行寺 惣一木下浩之
桜川 睦間島淳司


攻略対象は全部で5人。真行寺家のおじさま(40代)とその息子2人(20代と同い年)、父の秘書(20代)、友人。目パチ口パクはありません。


最初は息子2人しか攻略できません。司のルートが真相で、司のルートをプレイするためには悠人・翔太・おじ様・協力ルートをプレイする必要があります。好きなルートだけやりたい方はご注意を。


惣一おじさまのルートは一番大人の余裕感があって良かったのですがいかんせん短い!あっという間に終わってしまったので残念でした。余談ですが惣一おじさまが死亡するルートもあります。


個人的にオススメは睦です。「お姉さま」って慕ってくれて、あれこれ気にしてくれて、料理も凄く上手で、優しくて、面白くて…現実にいたらぜひ友達になりたい…!慕うだけじゃなくて主人公のよくない所は指摘をしてくれて、辛いときは支えてくれて、ほんとに良い友達だなって思います。


口調が女の子のようなので最初はオネエキャラなのかなと思ったのですがそこまでではなかったです。好みが女性的というだけで中身は普通の男の子だったので、オネエキャラが苦手な方でも受け入れられると思いますよ。






また睦のルートは半年前からスタートするため、主人公の父親が事故を未然に防ぐことができます。主人公がこれまでの暮らしを続けられるルートだったので一番幸せな気持ちになれました。








ここがオススメ!



人間らしい内面が描かれているのが凄く印象的でした。嫉妬や人間同士の対立等、精神的なドロドロとした部分が描写されていて濃密でした。移植元が18禁乙女ゲームなだけはあるなぁといった印象ですね。


システム周りが非常に快適で必要な機能は全て備わっていました。バックログで巻き戻してもバックログの履歴が消えないので、文章の繋がりが分かりやすくてよかったです。また既読スキップの速度が非常に速いので周回プレイもサクサクで快適でした。

ボイスコレクションという機能もあって、気に入った台詞をマーキングして繰り返し聞くことが出来ました。愛の囁きや甘い吐息など好きな部分を保存できるので、好きなセリフを繰り返して聴きたい人には素晴らしいシステムだなと思いました。





気になった点



攻略対象から主人公に対する仕打ちがあまりにも酷く、ここまでやる人物をよく好きになれるなと思ってしまい共感出来ませんでした。バッドエンドでは精神的に追い詰められた主人公が自殺するほどだったので特にそう思ってしまいました。
序盤の描写がしっかりしているのに結末はあれよあれよという間に終わるので(「色々あったけどここからが私たちの新たなスタート」的なコンパクトな締めくくり)、気持ちがついていけませんでした。


また主人公に性的な抵抗感がないのも元18禁といえどチョロすぎるように思いました。攻略対象に会って初日に「俺は君と結婚しても良いと思ってる」と言われ急に意識し始めたり、その翌日には攻略対象と結婚して家で料理を作っている妄想をしてみたり。処女は駄目だと拒否られた後、男を誘ってヤりまくったり…(一応これには理由はありますが)。お嬢様という設定なのだからもっと受け身でも良かったんじゃないのかな。


あと移植をきっかけにエロシーンがカットされているのですが、カットしすぎていて前後のシーンが繋がっていないことがありました。例えばベッドに押さえつけられていたかと思ったら床の上に座りこんでいたり、「あれ以来体の関係は無かった」という描写が出てきてもそれを匂わすシーンがないためいつの事か分からなかったり。もっと自然につなげて欲しかったです。


最後に、気になるかどうかは人によるかなといったところだと誤字・脱字が多かったです。私が確認しただけでも三か所あったため気になる人は気になるかも。
また主人公の顔グラが首の部分で途切れているため、どうみても生首です……。肩のあたりで切ってほしかったな…(笑)




ボリューム


CGは悠人11枚、翔太14枚、司10枚、おじ様3枚、睦11枚、その他3枚。(差分含めず)
ルート内訳は悠人、翔太、司、おじ様、睦の各ルートと、協力ルート、それに加えてバッドや派生エンド。


各ルートの長さがまちまちなため1ルートどれくらいとは表しがたいです。選択肢が2択で選択回数も多くないため、2~3日あればコンプリートできる程度かなと思います。





総評


精神的におかしくなった男の子を介護するゲームのようでした。主人公もどちらかといえば精神的に不安定なタイプなので見ているこちらが不安になるような展開が多かったです。最終的にどのルートも幸せにはなりますが、睦と司のルート以外は物事が全て解決するわけではないので「これでよかったのかな…?」と思わずにいられませんでした。


価格も移植品としてはお値段が高め。ボリュームが少ないのでもっと手を出しやすい価格の方が良かったですね。


ドロドロとした濃密な人間関係は全年齢対象乙女ゲームではあまり見られないポイントなので、そういった物が好きな方は引き込まれるかもしれないと思いました。




総合結果
★2.6 (★5中)

世界観★★★
シナリオ★★
システム★★★★★
音楽・映像★★★
イラスト★★
キャラクター★★
ボリューム★★
オススメ度★★

コメント

非公開コメント